トレーニングのコラム

家かジムか。筋トレするならどっちがいい?

投稿日:

筋トレをするに当たって、誰もが一度は悩むこと。

それはトレーニングをする場所。

家で自由気ままにトレーニングをするか?それともジムでバリバリにやるか?
いやいや、家だってガッツリできるぞ?

なんて葛藤して経験があるはず。

特に初心者の方や、どちらかでしか筋トレしたことのない方のために家とジムを比較しながらメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

家トレVSジム!違いとメリット・デメリット

時間的問題

口コミを見る女性
photo credit: gunman47 The modern Korean woman via photopin (license)
例えば自宅なら24時間いつでも自由に筋トレをすることができますよね。(アパートなどでは騒音の問題がありますが・・・)
もちろんジムでも24時間営業のジムは多いのですが、やはり時間帯によってはかなり混雑し、マシンやベンチなど自由に使えないというポイントがあります。

それにジムへ通う時間も考慮しなければなりません。
ジム選びに妥協しなかったためにちょっと遠いジムへ入会。疲れている時やモチベーションが低い時にはこの通う手間がネックになりかねません。

その点自宅ならすぐにトレーニングを開始することができるので大きな時間の短縮になります。

金銭的問題

当たり前の話ですが、ジムに通えばお金がかかります。
入会金や月会費意外にもウェアやシューズ、交通費などがありますね。

では家の場合はどうでしょう。
やりたいトレーニングの内容にもよりますが、ウェイトやマシンを購入しなければならないので初期費用がかかります。
もちろん、ダンベルとベンチだけでも充分トレーニングできますし、自重のみでも筋トレできるので個人差がかなり出て来るポイントです。

ただ、マシンやベンチなどを家に設置する場合はそれなりの広さや床の強さも関係してきますのでこだわるなら家のほうがお金がかかる場合があります。

モチベーション的問題

ジムで女性に気を取られる男性
photo credit: Lyarks Pain & Gain via photopin (license)

黙々と寡黙にトレーニングをするタイプの人は家で一人でやるのが集中できるかもしれませんが、ジムにはジムのメリットがあります。

他の人に見られているという意識があると、やる気につながりますし自分よりもすごい人を見ると悔しくなったりもします。
人の目が気になる、という人でもジムで他人に見られるというのは意外にも良い効果をもたらす場合があるのです。(ただし無理は禁物。怪我のもとです)

交友関係的問題

モチベーションにも共通することですが、ジムに行けば色々なトレーニーがいます。
ボディビル選手、ダイエットを頑張る人などそれぞれ目的は違いますがトレーニングに励む人たちです。

その中で毎回会う人がいたり、ちょっとしたきっかけで意気投合したりします。

筋トレを通じて仲間ができるとお互い切磋琢磨しあい、もっと頑張ることができます。
さらに、スポットしてもらったり、アドバイスをもらったりと、実際のトレーニングにも大きなメリットになるでしょう。

パーソナルトレーニングという手も

当サイトはパーソナルトレーニングの情報サイトなので、家やジムで自主的にトレーニングするという方法以外にパーソナルトレーニングを受けるという手段もご紹介させてください。

特に初心者の方にはパーソナルトレーニングをおすすめしたいです。

筋トレって頭を使わずに筋肉だけつかっていればいいようなイメージがあるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

トレーニングは科学であり、とても奥が深いものです。
スポーツをやっていた男性でさえも正しい「スクワット」ができる人は意外にも少ないのです。

パーソナルトレーニングではそういった知識がまったく無くても、プロのトレーナーがマンツーマンで教えてくれるので効率が驚くほど良いのです。

目的がダイエットでもボディメイクでも同じです。
トレーニングの種目、筋肉の働き方、食事や栄養に関すること。

試行錯誤しながら自分で楽しみたいという人は、自分で一つ一つ調べたり、失敗しながら学んでいくのが良いと思いますが、そうでないなら教えてもらいながら実践していったほうが覚えるのも身体が変わるのも早くなります。

パーソナルトレーニングが終了した後は自然と必要な知識やフォームが身についているので、家でもジムでも自分でトレーニングをすることができるのです。

ジムで間違った方法でトレーニングをしている人などをよく見かけますが、あれはとても恥ずかしいんです・・・。
恥ずかしいだけならまだしも間違ったトレーニングは意味がないどころか怪我のもと。

トレーニングは正しいフォーム、方法、重量、回数で行わなければならないので、しっかりと勉強するか、トレーナーに教えてもらいましょう。

家かジムか?筋トレどこでやる?のまとめ

これまで紹介してきた違いを参考に、ご自分にあった場所を選びましょう。
ジム未経験者の方は何はともあれ、体験トレーニングをしてみるのが一番です。

「人に見られるのが嫌だ・・・」「混んでいるのは嫌だ・・・」と食わず嫌いせずに一度行ってみてください。
トレーニングに集中すればそれほど周りの目は気にならないし、少し見られているくらいのほうがいい刺激になります。

もちろん家には家のメリットがたくさんありますが、ジムを一度も経験しないのはもったいないことです。
一度行ってみて、やっぱり合わないと思えば家でのトレーニングにしましょう。

-トレーニングのコラム

Copyright© パーソナルトレーニングジムナビ , 2017 AllRights Reserved.