トレーニングのコラム

ダイエットをするのにプロテインは必要か?

更新日:

みなさんは「プロテイン」にどんなイメージをお持ちですか?

「筋肉ムキムキになりそう」
「太りそう」
「まずい」

実はプロテインに対してこんなイメージを持っている人は多いのです。

でも、これは全て間違い。
プロテインは筋肉増強の魔法でも、太る悪魔の実でもないんです。

プロテインは日々足りない栄養を楽に補給できる栄養補助食品です。

「プロテイン」=「タンパク質」

プロテインはタンパク質という意味で、筋肉増強剤ではありません。
どうしてもボディビルダーのようなムキムキのマッチョな人が飲んでいるイメージがありますが、ダイエットをする上でも必ずではありませんが必要なものです。

特に、筋トレを通してダイエットをする上では、プロテインが無いよりもあったほうが数倍良いです。

トレーニングによって破壊された筋肉が超回復するのにタンパク質は必要不可欠です。

しかし、身体に十分なタンパク質がないとタンパク質不足に陥ってしまいます。

タンパク質が不足すると、髪や肌などにも悪影響が

タンパク質は何も筋肉のためだけにある成分ではありません。
タンパク質が不足すると、髪や肌、爪などに影響が出てしまいます。

もちろんそれだけではなく、内臓や骨などにも影響があり、冷え性やむくみなどといった症状にもつながっていきます。

ただでさえ、1日に必要なタンパク質を充分に摂取できていない現代人が毎日の食事から必要量のタンパク質を摂取するのはなかなか難しいのです。

そこでプロテインです。
プロテインは基本的に粉末で水や牛乳に溶かして飲むものです。

これならば摂取は簡単で朝の一杯、食事と一緒に、トレーニング後に、など適切なタイミングで楽に摂ることができます。

プロテインを実際に飲み始めるとわかることですが身体の疲労度や朝の目覚めなどがまるで違います。
特にトレーニングをしている方はその効果をさらに強く実感できるはずです。

※個人の感想であり、体感には個人差があります。

プロテインはまずい?

プロテインはまずいというイメージがまだまだ根強いのも事実。
確かに一昔前は青汁同様プロテインもあまり美味しいと言えるものは多くありませんでした。

もちろん好みの問題もあり、全てのプロテインが美味しいわけではありませんが、それでも今では味にこだわったものが多くなっています。

色々なフレーバー・味のプロテインもありプロテインを飲むのが楽しみになっている人もいるほど。
美味しくて自分にあったプロテインを見つけられれば続けることは簡単ですね。

プロテインを飲むだけで痩せられる?

結論として、それはないです。

プロテインはあくまでも栄養補助として摂取するのであってダイエット食品ではありません。

ダイエットとして筋力トレーニングなどを行っている人が飲むべきであって、運動していない人が飲んでも痩せることはできません。

ただ、プロテインをうまく使って痩せることは可能です。

例えば食事の量を減らしてプロテインを飲むことで必要なたんぱく質を確保しつつカロリーを抑えることができます。

同じたんぱく質20gを摂取するにしても、食事で摂るのとではカロリーに大きな差が出ます。

揚げ物や脂っこいものは美味しいですがその分カロリーが高いのでそういったものを減らしてプロテインに変えると良いでしょう。

ただ、むやみに食事を減らすと必要な栄養素までも減らすことになるので栄養管理はしっかりとしておきたいところです。

-トレーニングのコラム

Copyright© パーソナルトレーニングジムナビ , 2018 AllRights Reserved.